トイレでのNG行動!?デリケートゾーンの匂いや黒ずみ、お尻のおできの原因はトイレにある!

フェムテック

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

正しいトイレのやり方知ってますか?

トイレって個人戦じゃないですか笑。

だから人の姿を見て、改めて「あ、私間違ってたかも」って気づくことないんですよね。

皆さんは、こういったお悩みないですか?

・お尻のおでき

・匂い

・トイレットペーパーのカスの付着

・デリケートゾーンの色素沈着による黒ずみ

この悩み、トイレでの2つの行動に気を付けることで改善しましょう!

今まで何万回トイレに行ったことか、、、積み重ねって馬鹿にできないんです。

デリケートゾーンを清潔に保ちながら悩みの原因と立ち向かいましょう!

トイレで気を付けるポイントは2つ!!

①便座での姿勢

②トイレットペーパーの拭き方

この2つを気を付けると、

デリケートゾーンのお悩みを改善させることができます!

では、悩みと原因見ていきましょう!

デリケートゾーンの悩みとトイレでの原因

①お尻のおでき

→姿勢とお尻を拭けてない。そもそものトイレの姿勢を改善すれば、お尻におしっこがつくことはない!!

②匂い

→きちんと拭けてない。デリケートゾーンにおしっこが入り込んでる可能性もあり。

③トイレットペーパーの破片・・・

→ゴシゴシ拭いてる!トイレットペーパーは、素材が柔らかいのでゴシゴシ拭いちゃうと水分を吸って千切れた破片がデリケートゾーンに付着してしまうことに。

④黒ずみ

→ゴシゴシ拭いてる!ホルモンや下着の擦れなど様々な原因がありますが、トイレでゴシゴシ拭くのも大きな要因!

トイレのポーズは『考える人』ポーズが正解!!

トイレの便座では『考える人ポーズ』を取ると、トラブル回避できます!

①股は大きく開く

→太ももや近辺への付着を防止する

②上半身は前倒しし、肘は膝上に置く(と姿勢が固定されてやりやすい

→お尻へ流れるのを防ぐ

この2点を気をつけると、おしっこが出口以外に付着することは防げるため、

おしっこが入り組んだデリケートゾーンに流れて、拭き取れないってことにはなりません!

おしっこが原因の匂いの素も排除できます♪

トイレットペーパーの拭き方

まず、デリケートゾーンはかなり入り組んだ形をしています。

そこで、入り組んだところにおしっこが入り込まないようにポーズを取ったら、

ティッシュで拭く時は、優しく抑えるように水分をトイレットペーパーに吸収させるイメージで拭き取りましょう!

絶対に擦ってはいけません!

【擦ってはいけない理由】

①おしっこの水分を含んだトイレットペーパーの破片がデリケートゾーンに付着することで、匂いや蒸れの原因になることも考えられます。

②デリケートゾーンの皮膚は薄いため、摩擦で皮膚に色素沈着してしまうため

どうしても汚れや匂いが気になった場合は(特に生理中)、

トイレに流せるデリケートゾーン用のウェットティッシュで拭き取りましょう!


まとめ

デリケートゾーンの悩みも

1回1回のトイレでの行動を改めれば、改善される可能性が大いにあります!

1日7回トイレに行ってるとしたら、1週間で49回悪習慣を繰り返していることになります。

49回もトイレットペーパーで擦ってたら、摩擦すごいですよね?

積み重ねで悪くなるものもあれば、改善されていくものもある。

私もこれら1つ1つ見直して、悩みが改善されてます!

トイレでの行動を改め、デリケートゾーンの悩み軽減&改善していきましょう♪